不動産の取得から資産運用まで

不動産取得から管理運用まで、資産価値を最大限に高めるサポートを実現

昨今、預貯金の超低金利、株価低迷、年金不安などによる理由から、勤労所得・年金所得に変わる新たな収入窓口として、不動産投資が注目されております。

不動産投資とは、物件を賃貸することで家賃収入を得ることですが、物件を将来売却することを前提に数年間での投資利回りを追求するものと、物件を持ち続けて年間の総収入に着目するものと、大きく分けて二つの方向性があります。

不動産投資は元本を保証してくれるものではなく、短期間で資金が何倍にもなる投資方法ではありませんが預貯金と違い、ある程度の利回りを確保できるため、ミドルリスク、ミドルリターンの運用方法といえます。

TOPページへ

不動産投資は元本を保証してくれるものではなく、短期間で資金が何倍にもなる投資方法ではありませんが預貯金と違い、ある程度の利回りを確保できるため、ミドルリスク、ミドルリターンの運用方法といえます。

 

不動産投資の6つのメリット

安定した収入

本業とは別に安定的な収入が得られる不動産投資。給与所得者の場合は、収入源への対応策としても検討されています。

所得税対策

家賃収入等で得た収入の税金について、減価償却費・ローン金利・管理費・修繕費など必要経費として算入できます。建物の減価償却費については実際に支払いがなく帳簿上でのマイナスですので建物が永遠に使用できる前提とするならばその分の課税所得が減少し税引後の手取りが増える効果があります。

私的年金の代替手段

定年退職時の年金でローンを完済してしまえば、以降は家賃収入から必要経費を差し引いた分が手取収入となるため、私的年金の一種として利用する方が増えています。

相続対策

貸家建付け地としての評価減、小規模宅地の評価減、建物の固定資産税評価との差による評価減、借家権の発生による評価減の四つの節税効果があります。また資産が増えることにより相続人に分けやすくなるというメリットがあります。

相続対策

貸家建付け地としての評価減、小規模宅地の評価減、建物の固定資産税評価との差による評価減、借家権の発生による評価減の四つの節税効果があります。また資産が増えることにより相続人に分けやすくなるというメリットがあります。

インフレ対策

現金は適切な運用をしなければインフレになった際に価値が目減りします。物価が上昇した時には購入した物件の資産価値や家賃収入も上昇すると予想され不動産投資はインフレ対策になるといえます。

もちろん空室時のリスクや建物の老朽化、金利の上昇や資産流動化のリスクなど考慮しなくてはいけないことが沢山あります。メリットだけでなくリスクも把握した資産運用を行っていきましょう。私たちは不動産取得から資産運用まで資産価値を高めるサポートをいたします。

 

不動産売却をお考えの方へ

少しでも高く売りたい方・時間に余裕がある方

当社媒介で、独自の幅広いネットワークにより購入希望者を見つけます。経験豊富なスタッフがお客様の大切な不動産の売り出し価格のアドバイスをいたします。ご売却と決められたらお客様と当社との間で売却依頼の契約を結びます。【媒介契約】当社の豊富なお客様在庫、幅広いネットワーク、新聞折り込み広告、雑誌、インターネットなどで積極的に販売活動をし、購入希望者を見つけます。

 

すぐに売却をお考えの方・今すぐに資金が必要な方

当社にて査定をし買取いたします。お客様の大切な不動産を適正に査定いたします。お客様に査定内容・価格を十分に納得していただいた後、現金で買取いたします。(※ご提案する買取価格は簡易調査によるものであり実質調査後に価格が変動する場合があります。)

TOPページへ

メールでのお問い合わせ
メールでも受け付けを行っております。support●sasuke.co.jp【●を@に変更してください】お気軽にお問い合わせください。
電話でのお問い合わせ
電話でも受け付けを行っております。011-643-2103【営業時間:土曜隔週・日曜・祝日を除く9:30~18:00まで】お気軽にお問い合わせください。
ファックスでのお問い合わせ
FAXでも受け付けを行っております。011-643-2105【営業時間:土曜隔週・日曜・祝日を除く9:30~18:00まで】お気軽にお問い合わせください。